30代や40代でも大丈夫!安心して包茎手術を受けるための情報を紹介

男性には、男性のコンプレックスがあります。
例えば身長が低いことや肌が白いことなどをコンプレックスに思っている人もいるかもしれません。
またヒゲが濃いことやヒゲが全く目立たないようなこともコンプレックスに感じる人がいるでしょう。
その中でも、性的なコンプレックスに関してはその男性の自信をなくすことにつながりかねないです。

例えば、包茎などがこれに該当するかもしれません。
包茎といってもいろいろなものがありますが、特に真性包茎やカントン包茎の場合すぐに治療しなければならないことや、性行為を満足できない可能性もあるため、この時は包茎手術が必要になりますが安心するために知っておいた方が良い事は何でしょうか。

基本的に包茎手術にかかる費用を知りたい

包茎手術は、一体どれぐらいの費用になるのか理解しておくとその後も安心できます。
少なくとも、費用が足りないならばお金を作るしかありませんが、費用が足りているならばすぐに手術をしてみても良いわけです。
そこで一般的な包茎手術の内容について見ていくと、その費用はおおむね200,000円を超えることが少なくありません。
場合によっては、500,000円を超えることもあります。
ただ全ての人がそれだけのお金を持っているはずがなく、さすがに500,000円を出すことができない人は200,000円台の手術でも問題ありません。
この金額の違いは何かと言えば、一番の違いが美容整形的な要素が入っているかどうかです。
美容整形とは、見た目を美しくするために女性が行うものですが、最近は男性もそのようなことを行う人が少なくありません。

美容整形と包茎手術にどのような関係があるかと言えば、例えば包茎手術をした場合、見た目が少し悪くなってしまうケースがあります。
昔のように、極端に色がツートンカラーになるようなケースはあまりありませんが、本当にじっくり見たときに包茎手術をしたかどうかは分かってしまうものです。
そこで、美容整形の技術を応用しかなりきれいに手術して誰が見ても手術をしたことがわからないようにするわけです。

保険が適用されるのか理解しておこう

手術の時に保険が適用されるのか問題になります。
費用に関しては、通常200,000円から500,000円位かかると言う事は理解できたかもしれませんが、保険が適用されるとなればかなり安くなります。
日本の社会保険の制度を見ると、通常包茎手術をする人は国が7割負担してくれる可能性もあるわけです。
そうすると、仮に20万円の手術をした場合でも140,000円は国が負担してくれるため自己負担は6万円だけで済ませることができます。
そうすると、保険が適用されるのが望ましいといえますが、基本的には適用されないと考え中です。

包茎手術にも様々な種類があり、例えば仮性包茎の場合はわざわざ手術をしなくても基本的に生活に支障はありません。
ですが男性の中には、自分が仮性包茎であることをコンプレックスにしており、完全に皮がむけた状態にしたほうが見た目が良いと考えている人もいます。
この場合には、保険は適用されず自己負担になると考えてよいでしょう。
何故かと言えば、すぐに手術をしなければいけない緊急性等も特にないからです。
またそれをしなければ、身体に影響が出ると言うこともないです。
どちらかと言えば見た目を良くするために行うものであり、ジャンル的には美容整形と同じようなものになるかもしれません。

真性包茎の場合も同じですが、カントン包茎の場合は緊急性を必要とするため保険が適用されることが多いです。

どれぐらいの時間がかかるのか

包茎手術をする時、時間を知っておくと安心できるかもしれません。
基本的に手術の時間は1時間前後になります。
カウンセリングなどを含めると、あと30分ぐらいの時間が必要になりますが、半日以上病院に拘束されていることや、そのまま入院をして翌日にならないと退院できないような事はありません。
基本的に多くのクリニックでは、入院施設などもなく、日帰りであることを原則としているわけです。
そうすると、例えば1日有給休暇を取り包茎手術をするようなことができてしまいます。

では、手術をした後どれぐらいのダウンタイムが必要になるでしょうか。
基本的に麻酔が切れるのは手術から1時間後ですが、特別痛みが伴い叫び声をあげてしまうような事はまずないです。
ただメスで切ってあるため、多少痛みが伴うケースがあるかもしれませんが、生活に支障が出るようなことはまずないです。
心配な場合には、翌日有給休暇等を取っておくのが良いかもしれません。

お風呂やシャワー等は、その日からオッケーと述べてくれる医者もいますが、できれば翌日ぐらいから入っても良いです。
ただ陰茎部分に包帯が巻いてあるため、実質的にお風呂に入る場合も濡らさないようにしなければいけません。

まとめ

これから包茎手術をする場合には、安心できる要素としてどれぐらいの金額が必要なのかを知っておくことです。
基本的に金額に関しては、安いものでも200,000円位で高いものだと50万円を超えることがあります。
保険が適用されるか問題になりますが、基本的に保険は適用されないもののカントン包茎の場合には緊急性を要するため保険が適用されるケースが多いです。

手術にかかる時間はカウンセリングなどを合わせても1時間半位と考えておけば良いかもしれません。
その後術後に関してはダウンタイムがあり、短くとも3週間ぐらいは必要となる計算です。